title>桜花賞回顧と皐月賞3強以外の狙い馬
So-net無料ブログ作成

桜花賞回顧と皐月賞3強以外の狙い馬 [競馬]

第1弾 牝馬クラシック 桜花賞が終わりましたが
   思っていたとおり、3強で決まらなかったですね。
 
   競馬に絶対はないとは言うがその通りで、無敗で
   というのも難しかったようだしね。
 


   

   ルメール騎手は、自信もあったようですが、自身もレース前のコメントしていた
   ように、G1だけになにがあるかわからないということで、呪縛的なとことがあった
   んでしょうか。
 
   ダイワメジャーやその産駒はアンカツさんも言ってましたが、先行そのまま押し切る
   タイプだ多いので、その辺が気がかりで、まあルメールならその辺はうまく乗りこなす
   だろうとのことでしたが、悪い方に出てしまったみたいですね。
 
 
   単勝1倍台の怖さですか、結果、そのうちの2強、チューリップ賞1,2着の逆になった
   のですが、ジュエラー シンハライトは確かに強かったですね。
 
   3強以外では、やはりアットザシーサイドが抜けてきましたが、1,2着との馬との差は
   あった感じでしたが、オークスでも使えそうだと福永騎手も言っていたので楽しみです。
 
   ブログにも書きましたが、 人気薄でアドマイヤリードが怖いなあと思って、3着狙いで
   馬券もっていたのすが、そうはいかなかったですが(*ノωノ)、新馬戦の印象が強かったので
   復調すればと思っていたので先で人気薄ならもう一度狙っておきたい1頭です。
 
   オークスなるとまた面子が代わってくるかもしれませんが、メジャーエンブレムは
   NHK杯に行くんでしょうか、このままでは、ルメールの面目もあるでしょうからね。
 
 
   さて、デムーロ騎手 土曜日曜で7勝したんでしたか。
   皐月賞も、デムーロ騎手? いや、ルメール騎手?
 
   両外人とも上手いんで勝っているのですが、日本人騎手もがんばってほしいところですね。
 
   今度も、桜花賞と同じくG1だけに、そう簡単に3強という具合にはいかんだろうと
   思うのですが、ほんと3強以外でもレベル高いと思うので、池江厩舎や友道厩舎も
   2頭出しですからね。
 
 
   今のところ、能力はNO1かと思うのは、リオンディーズかと思うのですが、中山だけに
   前行く競馬が有利なんだと思っても、こればっかりはなんとも言えないですからね。
 
   3歳で、32秒台の脚使えるマカヒキもディープに一番似てる産駒というし、まともに
   追ったことっみたことないサトノダイヤモンドが、ルドルフ級の臭いもするしね。
 
   競馬ファンとしてはやはり強い馬が出てきて争うと面白いわけですね。
 
   古くから競馬していると、最近の人は知らないでしょうけど
 
   マーチス  タケシバオー  アサカオー の3強
 
   ランドプリンス  ロングエース タイテエム の3強
 
   そんな時代から見ている自分も50年近く観戦してるよなあ。。
 
 
   桜花賞でも、2頭が抜けてきたし、今回皐月賞で、大川慶次郎ばりに展開予測すると
 
   早め抜け出しが、サトノダイヤモンド それを今度はリオンディーズが外からかぶって、
   その外をマカヒキが追うっていう感じかもしれませんね。
 
   サトノダイヤモンドは、完全にダービー狙いなので、きさらぎ賞から100%仕上げてこないし、
   池江先生の謙虚な発言を注目しておきたいですね。
 
   3強以外での、注目は、今のところ、ロードクエストかマウントロブソン あたりではと思って
   いるんですが、
   もちろん、エアスピテルも勝負付けが終わったとは思わないですが弥生賞みるところでは、
   2頭があまりにも強かったですからね。
 
   水木の追切りも参考にウダウダ言いながら、バシッと決めたいですなあ。。 
 




スポンサーリンク


script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。